8月1日
出荷日




























  • 療法食の切り替えは、どのようにすれば良いのですか?

    今までのフードに新しいフードを徐々に混ぜていき、その分、今までのフードを徐々に減らして行き、1 週間程度で切り替えます。
  • 犬サプリがありますが、健康食品としてあげた方がいいのではないでしょうか?

    みらいのドッグフードは、ビタミン、ミネラル、オメガ3、グルコサミン、食物繊維等を単体で添加することなく、天然素材(食材)を混合しています。ビタミン剤等の添加を行っていません。すべて、食材から摂取できるよう設計しています。
  • 市販のドッグフードとの大きな違いは何ですか?

    通常は、一旦高熱処理した肉粉を入れ製造しますが、『みらいのドッグフード』は、生肉に高い温度をかけず、直接練り込む製法を採用。ミンチした直後、すぐに製造工程に回します。タンパク質の劣化を防ぎ、より生に近い状態で食べて頂けます。もちろん、7種のキノコが配合しているものは、他にない特長です。(2016年8月現在)
  • 療法食と一般のフードは何が違うのですか?

    療法食は特定の疾病、または健康状態の犬猫の栄養管理のため、専門的なアドバイスのもと、栄養成分の量や比率が調整された特別な製品特性を有するペットフードです。
  • おやつは続けても良いですか?

    療法食以外の食事を与えると、食事療法の有用性が期待どおりに発揮されない場合があるため、一般のおやつは与えないでください。使用する療法食と同じ栄養特性のおやつタイプの療法食であれば与えることができます。
  • キノコ臭さはないですか?

    キノコ特有の匂いはなく、際立ってキノコが入っている印象はありません。もちろん食いつきで拒否する可能性も低いです。
  • 癌でない犬も食べられますか?

    臨床栄養学に基づく設計にて作られていますが、健康維持のための栄養としても申し分ない設計になっております。特に老犬にとっても喜ぶフードとしてもご利用いただけます。
  • うんちを良くするようになったのですが?

    みらいのドッグフードは、穀物の炭水化物や野菜(さつまいもなど)の食物繊維など腸活レシピが豊富なため、今までより大きな立派なうんちを頻繁にする傾向があります。腸内環境が活発になっていたサインとも言えます。
  • 白い糸のようなものは何ですか?

    天然肉のです。(天然素材を活かした製造の証)
    「細い白い糸」のように飛び出してみえる場合がありますが、これは「肉の筋」です。市販フードの多くが見栄えを良くするために、肉粉にして筋を減らしますが、タンパク質が壊れ動物油脂が酸化してしまいます。あえて生肉をミンチ状にして直接練り込む製法を採用しているため、筋部分が残ることがありますが、細く消化しやすいため、安全上も問題ありません。


  • とうきび蛋白とは?

    通腸内細菌を効率的に増やす為に、とうきび蛋白もその大切な役割です。世間では、安価でかさを増すだけに使っている原料として悪者扱いされるトウモロコシですが、弊社使用のとうきび蛋白は、通常品質の数倍もの高品質&高コストで「アレルギーになりにくい=粘りの少ない」ものを採用しています。配合量は若干量で、よほど敏感でない限り、デメリットよりも腸活のためのメリットの方が遥かに大きいのが特長です。
  • 穀物不使用がいいと聞くのですが?

    穀物、食物繊維は短い腸の犬には不要なものと言われてきました。しかし、最近の犬の研究では穀物もしっかりと消化できる能力が備わり、腸内の善玉菌のエサになることが分かってきました。大切なのは、消化のいいものだけをあげる、つまり穀物や食物繊維を0(ゼロ)にすることではなく、良質原料(玄米、大麦等)と低比率(25%以下)という条件の元で、ある程度、腸内活動を活発にすることこそ、長生きの秘訣なのです。
  • アマニ油は犬のカラダにとって、本当にいいの?

    「油」というとトランス脂肪酸などネガティブなイメージがありますが、アマニ油(オメガ3脂肪酸)は別格です。人間でも良質な油を飲む健康法が注目され、体内合成できない必須脂肪酸:オメガ3脂肪酸は、ゴマの100倍のα-リノレン酸を含有します。犬の癌の臨床栄養学でも「脂肪25%以上」「オメガ3脂肪酸5%以上」が推奨とされ、腫瘍の療法食として積極的に摂り入れたい食材です。
  • 市販スーパーなどのアマニ油と当社のアマニ油に違いはありますか?

    未精製のアマニ油は自然なキツネ色をしています。 なぜ精製したものがあるかというと、アマニ油独特の雑味を消すためです。しかし、この精製過程では、体によくない溶剤を使用する他、酸化を進ませます。弊社のアマニ油は『何も足さない、何も引かない、そのままの未精製、無添加の有機アマニ油』です。


もともと一緒に遊びたい


本品は、癌の改善、予防を目的とするものではありません。また特定の栄養成分によるサプリメントでもありません。タンパク質、炭水化物(糖質)、脂質(脂肪酸)、ビタミン、ミネラル等栄養成分の量、比率を調整し、栄養学的に腫瘍に配慮した食事療法食です。

給与方法

体重1kgに10~20gを1日に数回に分けて与えてください。


みらいのドッグフードについて

名称

みらいのドッグフード(腫瘍サポート療法食)

内容量

1kg

原材料

生肉(鹿、牛、鶏、馬、魚肉)、玄米、大麦、魚粉(雑節粉)、サツマイモ、ヤシ種皮、ローストセサミ、菜種油、ビール酵母、とうきび蛋白、乳清蛋白、キノコ粉末(霊芝、メシマコブ、タモギダケ、ヤマブシタケ、アガリクス、冬虫夏草、ハナビラタケ、シイタケ菌糸体)、海藻、ハトムギ、納豆菌、スピルリナ、大豆(サポニン)、リジン、スキムミルク、オリゴ糖、カルシウム、グルコサミン、MSM、紫イペ、紫イモ、青パパイヤ、プロポリス、秋ウコン、春ウコン、チャーガ、キャッツクロー、乳酸菌群(フェカリス菌FK-23)

賞味期限

製造日より12ヶ月(開封後1月以内にご使用ください)

原産国

日本(国産)

保存方法

直射日光、高温多湿な場所を避けて保管してください。
開封後は20℃以下で保存し、なるべく早くお使いください。

栄養成分【ドッグフード】(100gあたり)

粗蛋白質38~41%、粗脂肪10~12%、粗繊維2~4%、粗灰分5~7%、水分6~9%、アルギニン2~2.5%、480~510kcal/100g

栄養成分【アマニ油】
小さじ1杯【5ml】あたり

脂質4.6g(オメガ3脂肪酸2.76g) エネルギー41.4kcal(蛋白質・炭水化物・食塩全て0g)

ドッグフード
+亜麻仁油の合算値

粗蛋白質35~38%、粗脂肪20~25%、粗繊維2~4%、粗灰分5~7%、水分6~9%、アルギニン2~2.5%、オメガ3脂肪酸5~9%、520~550kcal/100g



※スクロールで開発日記がみられます。↓↓↓↓  ⇒開発日記をブログをみる






詳細を閉じる
8月1日
出荷日


電話注文・お問い合わせ



上へ
買い物
カゴへ