薬膳ドッグフード

グレインフリーと穀物使用?のメリット・デメリット

▼仮説▼

犬には穀物は悪い。なぜなら、犬の先祖はオオカミであり、オオカミは狩りをした動物のお肉を食べるから!

一見、確かにこの理論はなるほど!という指摘です。が、、、

 

1)最新臨床栄養学で分かった穀物(食物繊維)の腸活。

穀物は悪者?善者?
穀物不使用(グレインフリー)ドッグフードは、本当に良いのでしょうか?

メリット…穀物アレルギーを回避することがきる。

デメリット…穀物の食物繊維による腸活ができない。

 

2)「穀物は犬に悪い?」の正確な判断基準。

犬にNGな穀物 …たしかに小麦、トウモロコシは、消化が悪い。胃腸の負担が大きくエネルギー消費に。

犬に与えたい穀物…玄米、大麦→全粒粉(未精製)炭水化物は、難消化性デンプンといって、ゆっくり消化されることによって、食物繊維が大腸まで運ばれ、むしろ善玉菌のエサとして腸活に利用され、癌のエサとなるブドウ糖の吸収をブロックできるメリットがある。

人間でも小麦で作られたパンはNG(グルテンフリー論)、お米は白米より玄米がいい(栄養価が高い)と言われるようになりました。穀物=悪ではなく、未精製穀物のメリットもしっかり見極めることが大切です。

また、下記のような傾向があることが分かってきました。
(ドッグフード製造メーカーにて実際に実験してみました】

肉のみ …本能的で、荒々しい。生命力たくましい。毛並みが剛毛。短命の傾向。

肉と穀物の両方…優しく、おっとり、協調性がある。毛並みが柔らかく長寿傾向。

 

3)むしろグレインフリーフードに注意するべきポイントとは?

グレインフリー=穀物を使っていないということは、以下のことを意味します。

①肉が多いフード(高タンパク質)
②高タンパク質になりすぎないように、穀物以外の原料で置き換えなければならない。

①の肉が多いタイプ(目安として33%以上)は、タンパク質過多で腎臓や肝臓、心臓の負担が大きくなるというデメリットがある。

②高タンパク質を避けるために、穀物の代わりに豆類を使用するタイプがあります。豆類はレクチン、サポニン、フィチン酸が多く、腸への悪影響、また銅が肝臓へ蓄積され排泄機能にも及ぼすことが分かっています。

 

<まとめ>

穀物(食物繊維)のメリットとデメリット。
どう穀物と付き合って行くべきか?

穀物の取り過ぎは、消化の面でデメリットが大きい→間違いです。
むしろグレインフリーフードは、タンパク質過多(33%以上)になる傾向がある。またはタンパク質率を低くするために豆類を使用することも多く、腸や肝臓への影響が懸念される。

未精製穀物のゆっくりと吸収され、大腸まで食物繊維が届き、腸内環境をよくするというメリットを利用しない手はない。

 

みらいのドッグフードは、グリセミック指数(血糖値の上昇率)の低い大麦、玄米を少量配合しながら、むしろ糖の吸収をブロックする食物繊維の性質を利用し、悪玉菌優勢な腸から善玉菌優勢環境をつくって、長寿環境を整える

腸内細菌の善玉菌、悪玉菌の比率(腸内フローラ)を考えた時、善玉菌のエサとなる食物繊維は、むしろ健康のために有利に働きます。「穀物や炭水化物、食物繊維を一切否定」という表面的で偏った価値観ではなく、命という全体のバランスという観点から、細心の配慮による原料の選定、質と量にこだわりました。

玄米や大麦などは、その繊維質により、腸内の悪玉菌のエサとなり、腸内環境(腸内フローラ)を善玉菌で優勢するというとても素晴らしい役割をしてくれるのです。

腸内環境を良くするとは=長生きにつながる。
特に玄米や大麦などの穀物は、犬にとって有益なエネルギー源である。

<参考文献>
■十二指腸以降でのアミラーゼ消化が確認されているデータ。
【Nutrient Requirements of Dogs and Cats (2006)】
■ペットフードの炭水化物消化率測定データでも消化できることが確認されているデータ。
【Validity of NRC method for estimating metabolizable energy value of laboratory dry canine diets. Ohshima S1, Fukuma Y, Suzuki T, Funaba M, Abe M.(1995)】
■犬の肝臓の銅毒性
【Copper Toxicity in the Canine Liver  Stephanie Shrader、John Robertson】