薬膳ドッグフード

療法食への警鐘

療法食への警鐘

「◯◯のことを気遣って療法食を食べていたのですが、
他の部位の調子が悪くなってしまいました。」

この手の話は、本当によく耳にします。
そもそも、療法食とは総合栄養食とは違い、
ある特定の疾患のために人為的に計算され、
ある意味アンバランスなレシピで構成されています。

例えば、

極端にタンパク質を減らしたレシピ
極端に脂質を減らしたレシピ

という具合に、とにかく自然ではないのです。
一時的に特定部位の健康のためならまだしも
自然ではない人為的に構成されたレシピを何年もの間継続すると、
他の器官への悪影響を及ぼすことがよくあります。

療法食(特別療法食)は、獣医さんと話し合いながら、
期間を制限しながら使用するのが、健全な付き合い方ですね。