薬膳ドッグフード

バージョンアップ情報

漢方&マクロビロティック発酵素材を合計36品目をバランスよく配合しました。

人間同様、犬の平均寿命も年々上がってきています。それは野生では不可能な充実、かつ安定した食事による栄養のためと言われています。ちなみに、人間は毎日30品目の食品と摂るといいと言われていますが、みらいのドッグフードも、ドッグフードの中にあっては24品目と多く、漢方や玄米菜食のマクロビオティックでも有用な成分を都度追加しています。

いい素材が見つかると、すぐに追加し進化してきましたが、数えたら初代みらいのドッグフードと比較すると、12種増えて計36品目以上になりました。また通常、これだけの数の食品、栄養が集まると1つ1つの配合量が少なくなりがちですが、みらいのドッグフードは、妥協せずにたっぷり入れています。

今回は獣医さんのアドバイスだけでなく、飼い主さんからのご要望も含まれています!バージョンアップする度に、これ以上のものは作れない!と全霊を込め作っておりますが、今回もすごいレシピになったものだと自負しております。

酸化&炎症、腸内環境対策
漢方+マクロビ発酵素材を結集した薬膳フード。

漢方きのこ・乳酸菌・オメガ3・酵素・マクロビ発酵野菜など(下記は一部)


■新薬膳・みらいのドッグフード(基本原料)

生肉(鹿,魚),大麦,玄米,魚粉,サツマイモ,セサミ,菜種油,キノコ粉末(メシマコブ,霊芝,アガリクス,冬虫夏草,ハナビラタケ,タモギタケ,ヤマブシタケ,チャーガ,カワラタケ,舞茸),セルロース,イヌリン,海藻(フコイダン),オルニチン,サチャインチオイル&パウダー(耐熱性オメガ3肪酸),海藻(フコイダン),オルニチン,オリゴ糖,カルシウム,ビール酵母,乳酸菌群(フェカリス菌FK-23等),クランベリー,グルコサミン,コンドロイチン,MSM,納豆菌,クマザサ,スピルリナ,発酵野菜,田七人参,青パパイヤ,紫イモ,プロポリス,紅豆杉,キャッツクロー,秋ウコン,春ウコン,高麗人参