薬膳ドッグフード

犬の体に良い脂・悪い脂(飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸/オメガ3脂肪酸等)

油脂には脂肪酸が含まれ、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸があります。

★ 飽和脂肪酸は常温で固形となるもの

バター、ラード、牛や豚の脂身、ショートニング、マーガリン、綿実油、ココナッツ油に多く含まれます。飽和脂肪酸はヒトの身体の中で作ることができるので、たくさん食べる必要はありあせん。

★ 不飽和脂肪酸は常温で液体となるもの

植物性の油、魚油などに多く含まれています。オリーブオイル、菜種油、コーン油、ひまわり油、サフラワー(紅花)油、綿実油、フラックスオイル(亜麻仁油)、イワシ・サンマなどの魚油、しそ油に多く含まれます。

不飽和脂肪酸には3種類あり、それぞれ体への影響が異なります

■オメガ3脂肪酸

えごま油や亜麻仁油、しそ油、青魚の魚油に多く含まれています。

熱に弱く、ヒトの身体の中で作ることができないので、食べ物から積極的に取り入れる必要があります。

炎症を抑えたり、ホルモン調整によく、癌や腫瘍などにも有用性が認められています。

■オメガ6脂肪酸

ごま油、コーン油、ひまわり油、紅花油、綿実油などに多く含まれています。

一見、ヘルシーそうな種類の脂ですが、オメガ6脂肪酸は、身近な食品に多く含まれて、現代人は自然と過剰に摂取してしまう傾向にあります。コレステロール濃度を下げる一方、炎症を広げる作用がありますので、むしろ摂りすぎに注意する必要があります。

■オメガ9脂肪酸

オリーブオイル、菜種油、米油などに多く含まれています。

ヒトの身体の中で作ることができ、熱に強いので過熱に向いています。血流を促進し、オメガ3ほどではありませんが、炎症を抑える作用があります。オメガ3脂肪酸は、炎症やホルモン調整にもよく、さらに癌や腫瘍などにも有用性が認められています。

 

■オメガ3脂肪酸を積極的に摂る

体内でおきる炎症症状も抗炎症症状も、どちらか一方というより、それぞれ大事な役割がありますが、健康体質を作るためには摂取する比率が大切です。

とくにオメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸の比率は「1:」~「1:が理想です。現代人は1:50になっていると言われています。このことから、積極的にオメガ3脂肪酸を摂ることが重要なのです。

脂=悪の常識を覆す
積極的に摂りたい注目の脂です

「脂=悪」と感じていませんか?

脂は体に良い脂、悪い脂があります。簡単に言いますと、

体の中で固まる脂と流れる脂。
炎症の原因になりる脂、抗炎症効果のある脂

です。特に食欲がなく、痩せ気味の場合には、ぜひオメガ3を積極的にあげるのは正しい判断です。もちろん、痩せて無くてもOKです。ただし、過剰摂取は便が緩む傾向がありますので、その点だけ注意していただければと思います。