ペットの健康寿命の鍵は食材選び 食べ方が9割
みらいのドッグフード
みらいのキャットフード
いびき

犬がいびきをかく3つの原因|考えられる病気や対処法、注意したい犬種について

犬も人間同様、「いびき」をかく動物です。いびきの原因としては、加齢や肥満、鼻詰まり等があります。このページでは、いびきの原因や対処法、病気について解説していきます。

犬のいびきとは

いびきとは睡眠時の呼吸に伴う雑音のことです。

睡眠中は喉周辺の筋肉を含む全身の筋肉が緩むことにより、起きている時よりもさらに気道が狭くなり、空気の抵抗が強くなります。

そこに空気が通ると、周囲の組織、粘膜が振動して「音」としてブーブーやグーグーといった低い音が特徴のいびきが発生します。

犬がいびきをする3つの原因

1. 肥満 

犬が肥満になると、体だけでなく、喉の内側や周りにも脂肪がたくさん付いてしまいます。喉周辺の脂肪が増え、正常よりも気道が狭くなるため、空気の抵抗が大きくなりいびきも増大する可能性があります。当然、呼吸器にも体にも負担がかかってくることなので、愛犬の体重はしっかり管理してあげましょう。体重を適正に保つ事はいびきの解消になり、呼吸も楽になります。

2. 加齢

シニア犬~ハイシニア犬になってからいびきをかくようになった、という声もあります。これは舌を支える筋肉が加齢に伴って筋力が低下し、気管まで舌の根が垂れてしまうことで気管を狭めてしまうためです。

もともと、老犬になると、喉や首の筋肉が衰えるため、舌が長い犬は舌の根が垂れて気管を狭くしてしまい、若い時に比べていびきをひき起こすことがあります。

3. 鼻づまり

鼻づまりでのいびきは、一時的であれば、あまり気にする必要はありません。

一般的に鼻よりも口で呼吸するときの方が、気道は細くなると言われているため、

鼻づまりを起こしていて、うまく鼻呼吸ができない時などは、就寝時のいびきが一時的に増えることがあります。鼻づまりの原因がなくなれば、いびきもなくなりますが、継続して鼻づまりがある場合には、下記の病気も考えられますので動物病院の受診もお勧めです。

犬のいびきで考えられる5つ病気

通常、ちょっとしたいびきは、そこまで心配することはありませんが、病気が隠れているケースもあるため、いびきの音が大きくなったり、回数が増えたりするような時には注意が必要です。

1. 外鼻孔狭窄(がいびこうきょうさく)

外鼻孔という鼻の入口(いつも湿っている部分)が狭くなると、空気の出入りが悪くなってしまいます。

正常な犬の外鼻孔の形はコンマ状『,』ですが、これが線状に見えるくらい細くなることがあり、これを狭窄性外鼻孔狭窄(きょうさくせいがいびこうきょうさく)と呼びます。

2. アレルギー性鼻炎

アレルギーや感染症になると、喉の粘膜に炎症が起こり腫れてくることがあります。そのせいで喉が狭くなり、いびきが出やすくなるのです。

また、鼻水や鼻詰まりがいびきの原因になることもあります。

3. 鼻腔内腫瘍(びくうないしゅよう)

鼻腔内腫瘍とは、鼻の中の良性または悪性の腫瘍(できもの)を指します。

鼻腔内で腫瘍がかたまり状に大きくなると、空気の通り道を邪魔したり塞いだりすることで、いびきを引き起こすことがあります。

4. 気管虚脱(きかんきょだつ)

気管がつぶれたように変形し、呼吸がしづらくなる病気です。興奮した後などに咳が出たり、「ガーガー」という呼吸音を発したりします。

5. 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

舌で口の中の上顎の方を触ると硬い部分があり、これを硬口蓋(こうこうがい)と言います。

その奥にあるやわらかい部分を軟口蓋(なんこうがい)と呼びます。軟口蓋の役割は、食べたり飲んだりしたときに食べ物が鼻のほうに逆流してしまうのを防ぐことですが、これが長すぎると(過長)喉の入口に引っかかって空気が通りにくくなり、いびきが出やすくなるのです。

犬のいびきへの対処法

適正な体重を維持させる

犬の管理においてもっとも大切なのは、適正な体重を飼い主さんが維持させてあげることです。肥満傾向の犬がいびきをかくのは、それだけ喉の周りが脂肪の圧迫を受けているということであり、日常の呼吸にも妨げが出易いということを示します。生活に支障が出る前に適正な体重を心がけましょう。

ストレスフリーな環境を用意する

環境改善

アレルギーが原因の場合は、生活環境からアレルゲンを排除する事で解消される事があります。ハウスダストやダニなどが原因の場合もあるので、こまめに掃除をしてアレルゲンの可能性があるものを排除しましょう。

涼しい環境作り

一般的に高温多湿だと呼吸しにくくなることがあります。また、短頭種気道症候群の犬では熱中症のリスクも高くなるため、部屋の温度を下げ、除湿をすることで犬の喉にかかる負担を軽くしましょう。

体勢を変える

日頃からいびきをかきやすい犬がいびきをかいている場合は、まずは寝ている体勢を変えてあげてください。仰向けや横向きになっていると、犬の喉が潰れやすくなり、肺が膨らみにくくなることがあります。そのため、犬を出来るだけうつ伏せの体勢にしてあげましょう。

病院で診てもらう

今までいびきをかいていなかった犬が突然いびきをかくようになった場合は、これまでになかった異常が犬の喉に起きていると考えたほうがいいでしょう。

また、起きている時でも、いびきのようにガーガーという音が出ている場合心配です。あるいは、少し動いただけで呼吸が苦しくなり、立ち止まったり座ってしまうような場合は、喉の狭さが生活の質を下げてしまうくらい重度だということになります。これらの場合は、原因をきちんと特定して治療をする必要があるかもしれません。

いびきに注意が必要な犬種

🐶いびきをかきやすい犬種🐶

  • フレンチ・ブルドッグ
  • ブルドッグ
  • パグ
  • ペキニーズ
  • ボストン・テリア
  • チワワ
  • シー・ズー
  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル など

こういった犬種は、頭蓋骨の幅に比べてマズル(口の周りから鼻先にかけての部分)が短い「短頭種」というグループに分類されます。短頭種に特有の、平坦な顔面、円型の頭部、太く短い首といった構造は、喉の狭さにつながり、いびきが出やすくなります。

まとめ

犬がいびきをかく姿はかわいらしく感じるかもしれませんが、実は病気の可能性もあるということも少なくありません。

いびきの原因はそれぞれですが、知らず知らず飼い主が原因を作っている場合もあるので、原因を想定しながら改善対策を試みましょう。

熟睡しているときにたまにかく程度のいびきなら心配ないのですが、なかには病気や器官の不具合が原因でかくいびきもあります。病気の早期発見のためにも、日々の観察をしっかりして、長引くいびきや、他に変化がある場合は獣医師に相談されると良いと思います。