ペットの健康寿命の鍵は食材選び 食べ方が9割
みらいのドッグフード
みらいのキャットフード
ドッグフード

グレインフリーと穀物使用のメリット・デメリット

グレインフリーと穀物使用のメリット・デメリット

▼仮説▼

犬には穀物は悪い。なぜなら、犬の先祖はオオカミであり、オオカミは狩りをした動物のお肉を食べるから!

一見、確かにこの理論はなるほど!という指摘です。が、、、

犬や猫へのグレインフリーと穀物使用のメリット・デメリット

1)最新臨床栄養学で分かった穀物(食物繊維)の腸活。

穀物は悪者?善者?
穀物不使用(グレインフリー)ドッグフードは、本当に良いのでしょうか?

グレインフリードッグフードのメリット

1.穀物アレルギーを回避することがきる。
2.肥満防止と血糖値上昇を抑制。
3.腸内トラブル防止。

グレインフリードッグフードのデメリット

1.穀物の食物繊維による腸活ができない。
2.肝臓や腎臓に負担をかける。
3.拡張型心筋(心臓病)になりやすい可能性がある。
4.原材料を厳選するため高額になりがち。
穀物の腸活とメリット・デメリット

2)「穀物は犬に悪い?」の正確な判断基準。

犬にNGな穀物 …雑穀やトウモロコシなどの食物繊維は消化しずらく、胃腸に負担をかけるのでNG?という噂がある。

犬に与えたい穀物…玄米、大麦→全粒粉(未精製)炭水化物は、難消化性デンプンといって、ゆっくり消化されることによって、食物繊維が大腸まで運ばれ、むしろ善玉菌のエサとして腸活に利用され、癌のエサとなるブドウ糖の吸収をブロックできるメリットがある。

犬や猫に与える穀物の判断基準
人間でも小麦で作られたパンはNG(グルテンフリー論)、お米は白米より玄米がいい(栄養価が高い)と言われるようになりました。穀物=悪ではなく、未精製穀物のメリットもしっかり見極めることが大切です。また、下記のような傾向があることが分かってきました。

肉中心=穀物を使用しない…狼を先祖にもつ犬の食性からすると、一見肉食は理にかなっているように聞こえるが、実際には短命の傾向。シニア期には、腎臓や肝臓負担の心配。

肉と穀物の両方…実際には、雑穀もしっかりと調理すれば、食物繊維を消化できる。ただし、調理法が問題であり、しっかりと穀物の処理をする必要がある。腸活習慣のある犬や猫は、便通も良く長寿傾向。

穀物は悪ではなく、未精製穀物もメリット大

3)グレインフリーフードで注意するべきポイントとは?

グレインフリー=穀物を使っていないということは、以下のことを意味します。

①肉が多いフード(高タンパク質)
②高タンパク質になりすぎないように、穀物以外の原料で置き換えなければならない。

①の肉が多いタイプ(目安として33%以上)は、タンパク質過多で腎臓や肝臓、心臓の負担が大きくなるというデメリットがある。

②高タンパク質を避けるために、穀物の代わりに豆類を使用するタイプがあります。豆類はレクチン、サポニン、フィチン酸が多く、腸への悪影響、また銅が肝臓へ蓄積され排泄機能にも及ぼすことが分かっています。

③ただし、「穀物は何でも使用しても良い」という認識は誤りです。白米、しかも、「おかゆ」や「炊いたご飯」は、消化吸収しやすいというメリットとは別に、血糖値が上がりやすいというデメリットがある。血糖値の急上昇は、様々な疾患の原因になる可能性があるので、「白米か玄米か?」「「炊くのか?炊かずに粉末の状態であげるのか?」「お肉やお魚などのタンパク質とどのくらいの割合で穀物をあげるべきなのか?」という知識が必要になってきます。

ちなみに、実際に自宅で手作りで調理するとすれば、白米ではなく、大麦や玄米などの「難消化性食物繊維」を多く含むものを使用し、かつ炊かない状態(そのまま粉末化したもの)を使用するのが理想的。お肉・魚と食物繊維(玄米粉末や茹で野菜など)は概ね1:1で与えるのが目安です。

グレインフリーでの注意点

4)グレインフリーフードは『高タンパク』『低食物繊維』になりがちで、腎臓病や肝臓病など内蔵疾患に注意が必要

タンパク質は、筋肉や毛、爪、細胞などをつくる大切な栄養源です。ただし、タンパク質は、肝臓では「ペプチド」→「アミノ酸」に分解し、そこで発生した毒素(アンモニウム)を無害な尿素をつくり、また腎臓では血液を濾過して老廃物や余分な塩分を尿として体の外へ排出するという負担がかかります。

つまり、タンパク質は適切な量、比率がとても重要であり「摂れば良い」というわけではありません。高タンパク質フードを食べ続けたペットは、若い時期(7歳まで)は良くても、高齢時になると腎臓、肝臓の病気になる確率、血液検査の数値が高くなるケースがとても多いのも現実です。

高タンパク質フードは内臓疾患に注意 犬や猫へのタンパク質は適量・比率が大切
<まとめ>

穀物(食物繊維)のメリットとデメリット。
どう穀物と付き合って行くべきか?

穀物の取り過ぎは、消化の面でデメリットが大きい→最新栄養学では誤った認識です。むしろグレインフリーフードは、タンパク質過多(30%以上)になる傾向がある。またはタンパク質率を低くするために豆類を使用することも多く、腸や肝臓への影響が懸念される。

未精製穀物のゆっくりと吸収され、大腸まで食物繊維が届き、腸内環境をよくするというメリットを利用しない手はない。

穀物のメリットとデメリットまとめ

良質なグレイン使用のドッグフードは、グリセミック指数(血糖値の上昇率)の低い大麦、玄米を配合しながら、むしろ糖の吸収をブロックする食物繊維の性質を利用し、悪玉菌優勢な腸から善玉菌優勢環境をつくって、長寿環境を整える

腸内細菌の善玉菌、悪玉菌の比率(腸内フローラ)を考えた時、善玉菌のエサとなる食物繊維は、むしろ健康のために有利に働きます。「穀物や炭水化物、食物繊維を一切否定」という表面的で偏った価値観ではなく、命という全体のバランスという観点から、細心の配慮による原料の選定、質と量にこだわりました。

玄米や大麦などは、その繊維質により、腸内の悪玉菌のエサとなり、腸内環境(腸内フローラ)を善玉菌で優勢するというとても素晴らしい役割をしてくれるのです。

腸内環境を良くするとは=長生きにつながる。
特に玄米や大麦などの穀物は、犬にとって有益なエネルギー源である。

みらいのドッグフードについて
玄米や大麦などの穀物は犬や猫に有益なエネルギー源

<参考文献>
■十二指腸以降でのアミラーゼ消化が確認されているデータ。
【Nutrient Requirements of Dogs and Cats (2006)】
■ペットフードの炭水化物消化率測定データでも消化できることが確認されているデータ。
【Validity of NRC method for estimating metabolizable energy value of laboratory dry canine diets. Ohshima S1, Fukuma Y, Suzuki T, Funaba M, Abe M.(1995)】
■犬の肝臓の銅毒性
【Copper Toxicity in the Canine Liver  Stephanie Shrader、John Robertson】

RELATED POST