ペットの健康寿命の鍵は食材選び 食べ方が9割
みらいのドッグフード
みらいのキャットフード
下痢

犬が草を食べる理由とは?飼い主が気をつけるべき注意点も解説

愛犬が散歩中に草を食べてしまう事を気にしている飼い主さんも多いですよね。まるでサラダバーのようにムシャムシャと食べている子もいます。その理由については、まだはっきり判っていない事が多いのですが、単にエサに野菜が不足しているから…とは理由が異なるようです。今回は、犬が散歩中に草を食べる理由として考えられる事や、注意点についてまとめました。

犬が散歩中に草を食べる6つの理由

犬が散歩中に草を食べる理由

理由1. ストレスが溜まっているから

犬はストレスがあるとき、発散の方法として草を食べるとされています。ストレスの原因としては、愛情不足・散歩不足・睡眠不足の他にも、飼育環境が良くない・引っ越しなど飼育環境に変化、飼い主様の環境の変化(結婚、出産など)の理由があげられます。飼い主の声も聞こえなくなるほど、一心不乱に草を食べるような素振りをみせる時はストレスが原因となっていることが多いです。

理由2. 異物を吐きたいから

色々なものに興味を示して口にする癖がある犬は、飲みこんでしまった異物や有毒なものを吐き出すために、先の尖った草を食べることがあります。胃の粘膜が刺激されることで本能的に草を食べて、吐き出すことで体調を保とうとしている事が考えられます。大昔の犬も、草を食べて胃に刺激を与え、食べた動物の毛などを吐き出していたという事がわかっています。自分の体をまもるために、古くから犬たちはそうしてきたのかもしれません。

理由3. お腹が空いているから

お腹が空いていると、空腹を満たすために食べることもあります。または「栄養不足である」と犬が本能から感じていて、その補給のために草を食べているという見方もあります。
単純に、本当に「おいしい」と感じていて、おやつのような感覚で食べている可能性も否定できないようです。

理由4. 栄養(ビタミン、食物繊維など)を補給したいから

いつも食べているごはんの量や、おやつの与えすぎなど、食事の栄養素に偏りがあると、ビタミン(葉酸)や繊維質を補うために草を食べることがあります。また、大昔の犬は草食動物の生の内臓を食べることで酵素を補っていました。現在の飼育下にある犬は、自らそういったことができないため、胃腸の調子が良くない時や胸やけがする時、寄生虫がいる時に、草に含まれる酵素を摂取して、消化を助けようとしている可能性があります。

理由5. 草を食べるのが好きだから

草を食べることを楽しむ犬もいます。ただ草を嚙みちぎって遊んでいるだけのこともありますよ。好奇心が旺盛な子犬も、興味がある物はなんでも口にしますよね。草を口にくわえてちぎる感覚が楽しかったり、その草の味が自分の好みだから食べているなど、ただ単に草が好きだから食べていたり遊んでいたりする事があります。

理由6. まだお家に帰りたくないアピール

強引に草むらへ引っ張る場合、「まだ帰りたくない」「まだお散歩していたい」という事をアピールするために草を食べて時間稼ぎをしているのでは?という可能性もあります。散歩が退屈だったり、好きなコースを通れなかった、などのストレスを理由に草を食べるケースもあるようです。

犬が好んで食べる草

犬はイヌムギを好んで食べる
犬はイネ科の植物「イヌムギ」を好んで食べます。※ペット用に販売されている食べる草には、イネ科の植物が使われることが多いです。エノコログサ(ネコジャラシ)やスズメノカタビラなど、イネ科の植物は特に先端が尖っているためか、犬は細長いイネ科の草を好んで食べる傾向があります。他に、ナズナなどを食べる子もいます。

犬が食べてはいけない草

除草剤は犬には危険

1)除草剤が撒かれた草

⇨嘔吐、食欲不振、痒みなどの諸症状が起こることがあり、最悪の場合は死
犬の体内に入るパターンとしては、
・除草剤の付着した草を直接口にしてしまう
・除草剤のまかれた地面を歩き、そのあとに足の裏や被毛を舐めてしまう
・除草剤を散布している時に、直接吸引摂取してしまう
 等があげられます。

除草剤への対策としては、自宅であれば「除草剤を使わない」ことが一番です。使うのであれば、犬の生活範囲と完全に分けるなどの必要があります。自宅以外の駐車場や公園、農地など、除草剤がまかれる可能性のある場所をお散歩する場合には、草を食べたり、拾い食いをしないように注意しましょう。また、お散歩後に足の裏や被毛をきれいに拭いてあげることで、除草剤を舐めて摂取してしまうことを防ぐことができます。

2)毒性のある草

犬が食べると危険な草、ユリなど
犬には食べると中毒を起こす植物があります。代表的なものは、玉ネギなどのネギ類ですが、実は庭や道端に生えている植物でも、食べると中毒を引き起こすものがあり、注意が必要です。

例:
●チューリップ(球根)
●アサガオ(種)
●アジサイ(つぼみ)
●パンジー(根茎・種)
●アロエ(葉肉)
●アマリリス(全体・とくに球根)
●シクラメン(根)
●スイセン(とくに球根)
●夾竹桃(全体)
●マリーゴールド(根・葉)
●ポインセチア(茎、葉)
●ユリ科全般(全体)
 など

上記はごく一部であり、他にも犬への毒性が報告されている植物があります。
こういった危険な植物への対策としては、まず食べないようにすることが大切です。とくに好奇心が強い子犬や、色々なものを口にしてしまう犬の場合、お散歩をする時や庭で遊ばせる時には注意してあげましょう。庭で植物を栽培する場合、また室内でも観葉植物を楽しむ場合は、犬が掘り起こしたり、食べないように囲いをする、高いところに移す、などの工夫をしましょう。

犬は危険な草を食べてしまうとどうなる?

犬が毒性のある草を食べると様々な諸症状が出る
⇨犬が毒性のある草を食べると、下記のような諸症状が出る場合があります。
上記のように、犬が食べてはいけない草を食べると、個体差もありますが、様々な症状が出ることがあります。例えば舌や唇、口の周りに炎症が起きたり、くしゃみや咳などのアレルギー反応や、嘔吐やめまい、痙攣、麻痺、下痢、血便、吐血、食欲不振、多臓器障害や呼吸不全などの消化器症状、神経症状が現れることもあり、最悪の場合は死に至ることもあります。

例:
●嘔吐・下痢
●血尿・血便
●元気がなくなる・ふらつき
●けいれん・呼吸困難
●食欲低下
●腎機能障害
●胃腸炎
●心臓異常

数時間経過しても症状が回復しない場合は動物病院の受診を

中毒症状は、食べてしまった草による成分や量、犬の体質によって、症状が出る時間や重症度は異なってきます。食べた直後に吐かせることができれば良いのですが、気づかずに時間が経過してしまうと、中毒成分が体に吸収されて、症状が重くなる場合もあります。
上記のような症状が出ていて、草の誤食に心当たりがある場合には、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

犬に危険な草を食べさせないための対策3選

犬に草を食べさせない対策

対策1. ストレスフリーな環境を作る

ストレスが原因と考えられる場合には、なるべくストレスがたまらない環境にしてあげましょう。スキンシップを多めにとる、適度な散歩や運動で気分転換をすることや、生活環境を整えることも大切です。引っ越しや家族が増えた、など、原因を簡単に取り除くことができない場合には、コミュニケーションを多めにとるなどして、慣れるまでの時間をサポートしてあげると良いでしょう。

対策2. 適度におやつを与える

空腹から草を食べてしまう、好奇心から口にしてしまうといった場合には、適度におやつを与えてみましょう。お散歩の前、空腹を和らげるために、少し食べさせてあげても良いですし、お散歩の途中、草から気をそらすために食べさせてあげても良いでしょう。

対策3. ペット用に販売されている草をあげる

色々な対策をしても草を欲しがってしまう場合には、市販の犬猫用の草をあげてみましょう。また、ビタミンや繊維質不足から草を食べてしまう場合には、ドッグフードに茹でた野菜をトッピングしてあげることで、ビタミンや繊維質の補給になり、草を食べなくなることもあります。この場合の注意点として、シュウ酸による結石形成の心配や、消化しにくいことから、生野菜のトッピングは避けたほうが無難です。

まとめ

いかがでしょうか。犬が草を食べる理由はさまざまですが、普段、散歩中に何気なく目にしている植物でも、犬には注意が必要なものが多くあります。愛犬を危険から守るためには、まず飼い主さんがどんなものが危険なのかを知ることが重要です。犬自身は、この草が安全かどうかの判断ができません。食べても大丈夫かどうか、判断がつかない場合には、安易に食べさせないようにしましょう。