犬の皮膚にかさぶたができる原因|考えられる6つの病気や対処方法を紹介 | 和漢・みらいのドッグフード公式ブログ
ペットの健康寿命の鍵は食材選び 食べ方が9割
みらいのドッグフード
みらいのキャットフード
皮膚病・アレルギー

犬の皮膚にかさぶたができる原因|考えられる6つの病気や対処方法を紹介

かさぶたとは、皮膚の傷や炎症部分を保護する絆創膏のようなもので、かさぶたの下で新しい皮膚は再生していきます。
ここでは、かさぶたができる原因や考えられる病気、その対処法についてご紹介します。

犬のかさぶたの原因

外傷による怪我      

外からの物理的な力によって起こる傷には、切り傷、刺し傷、打ち傷、すりむき、犬同士のけんかなどによる咬傷等いくつか種類があります。
血管に傷がつき出血すると、止血のために「かさぶた」が形成されます。

怪我によるかさぶたの場合は、傷が治るにつれて自然と剥がれ落ちていくのが一般的です。自己治癒力が高い犬ほど皮膚の再生が早いため、1週間もすればポロッと剥がれ落ちます。

しかし、怪我によっては皮膚組織が大きくダメージを受けている場合もあります。
そのような時に間違えた処置をすると、化膿して治りが悪くなってしまうこともあるので要注意です。傷口が明らかに大きい、グチュグチュしている、化膿しているといった様子が見られる場合は、できるだけ早くかかりつけの動物病院で診てもらうようにしましょう。

皮膚病

皮膚病が原因の場合は、かさぶたの他にもかゆがる、フケが出る、皮膚の乾燥、湿疹、脱毛、被毛がベタつくなどの症状が見られます。

皮膚病は放置しても治るものではないので、かさぶたの他にも異変が見られたら、必ず動物病院で検査を受けるようにしましょう。
さまざまな皮膚病がありますが、多くは薬の投与によって症状を緩和させることが可能です。

犬にかさぶたができた時に考えらえる6つの病気

1. 脂漏症(マラセチア皮膚炎)

脂漏症は、皮膚が脂っぽくベタついたり、フケが多く出たりする病気です。
もともと皮脂が過剰なタイプと、皮脂が不足して乾燥することで皮脂が過剰に分泌されるタイプがあります。どちらのタイプでも、フケやかさぶたの剥がれたようなものが多く出て、毛の根元がかさぶたで固まったようになることもよく見られます。

脂漏症のある犬は、皮膚の常在菌であるマラセチアが異常繁殖する「マラセチア皮膚炎」を引き起こすことも多く、慢性化すると、皮膚が黒くなったり、皮膚が肥厚することもあります。

2. 表在性膿皮症

表在性膿皮症は、主に毛穴 (毛包)を中心に皮膚の中で細菌が増殖し、炎症を起こす皮膚病です。
原因となる細菌は本来病原性の強いものではなく、皮膚のバリア機能が健康であれば、これらの細菌が問題を起こすことはありませんが、皮膚のバリア機能が低下すると発症しやすくなります。

症状は、初期には毛穴と一致した赤い小さな皮膚の隆起黄色い膿が入った小さな隆起、広がると円形に脱毛し周囲が赤くなる症状やかさぶたのようなできものが見られます。

3. 皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症は、皮膚の角質を特に好む、糸状菌という真菌による皮膚炎です。
最初に感染したところから円形に脱毛し、赤くなる症状が典型的で、フケやかさぶたもよく見られます。

範囲が広がると他の皮膚炎と肉眼的に区別するのが難しくなることがあり、同時に他の細菌感染を起こすこともあります。 人間では水虫に代表される「白癬菌」もこの菌の仲間ですが、犬に多くみられる種類と全く同じものではありません。
一般的には内用薬、外用薬、抗真菌薬の入った薬用シャンプーにより治療をします。

4. ニキビダニ症(毛包虫症)

ニキビダニ症(毛包虫症)は、ニキビダニと呼ばれる寄生虫による皮膚病です。
感染は生後間もなく、母犬から子犬から感染することが多いといわれ、成長後の犬同士で感染することはありません。

免疫力の低下など、何らかの原因により共生関係が崩れると、ニキビダニが異常に増殖し皮膚症状を起こします。
ニキビダニそのものは痒みを起こしませんが、細菌感染などを起こすと痒みが生じ、脱毛 発赤、皮膚の腫れなどが現れ、かさぶたが出来ることがあります。

5. アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、主に遺伝的な要因が強いと言われています。
激しいかゆみが特徴的で、人間のみならず犬にも発症します。皮膚を傷つけてしまうほど掻きむしってしまうため、患部がただれて炎症やかさぶたを引き起こします。

呼吸と一緒にアレルゲン(ほこり、カビ、花粉など)を吸いこんだり、皮膚のバリア機能が低下することで、起きてしまうこともあります。

6. アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、体内にあるアレルゲンに感染して生じる皮膚炎で、いくつかの種類があります。
症状は、痒みかさぶた等の皮膚症状だけではなく、下痢などの消化器症状が現れることもあります。

【アレルギー性皮膚炎の種類】
●食餌性   ・・・ 食餌がアレルゲンになり、発症するもの
●接触性   ・・・ アレルゲンと接触することで発症するもの
●アトピー性 ・・・ アレルゲンとなる物質の吸引で発症するもの

腫瘍が原因でかさぶたができている場合も

腫瘍(できもの)が原因で、犬にかさぶたができる場合があります。
皮膚の赤みやフケ、脱毛、炎症によって表面が自壊し、出血や浸出液によってかさぶたができることもあります。

扁平上皮癌皮膚リンパ腫など、皮膚にできる腫瘍の場合、他の皮膚疾患と区別することが難しい場合もあります。しかし、しこりが日に日に大きくなる場合は、悪性の可能性があります。
しこりを見つけたら、大きさに関わらず早めに動物病院を受診しましょう。

犬にかさぶたが見られる際の対処法

犬のかさぶたは、基本的に人間のかさぶたと同じです。
かさぶたによって、傷ついた皮膚が保護され、かさぶたの下では皮膚の再生をしています。
傷を早く治すためにも、無理に剝がさないことが大切です。

■無理に剝がさない
小さなケガなどが原因となった「かさぶた」の様子を自宅で見る場合は、とにかく放っておくのが1番の治療法です。犬の体にかさぶたを見つけても無理に剥がしたり、人間用の薬を塗るのはやめ、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。
かさぶたを無理に剝がすことで、傷口が露出し、出血や細菌による汚染の原因になります。人間用の薬は犬への使用を想定していないため、犬が舐めると体に良くなかったり、アレルギー症状を起こしたりする恐れがあります。

■良くならない場合は、動物病院を受診する
自宅で数日間、様子を見ても良くならない場合やかさぶたが大きい場合、痛みや脱毛、フケなどを伴う場合は、動物病院を受診してください。
《動物病院を受診する際》
①かさぶたがいつから出来ているか
②かさぶたの原因
③かさぶたの大きさに変化があるか
などを事前にメモしておきましょう。
※かさぶたの様子の経過を写真に残しておき、獣医師に見せると診断の役に立つ場合があります。

皮膚疾患及び腫瘍対策の療法食とサプリメント

かさぶたの原因となる脂漏症、膿皮症、真菌症、アトピーやアレルギー性皮膚炎などの疾患による、 皮膚の炎症を鎮め、体の中の不要なもののデトックスを促していくドッグフードとサプリメント、かさぶたの原因の腫瘍に対応したドッグフードとサプリメント

まとめ

「かさぶた」には様々な原因があり、ただの怪我ではないかもしれません。
どんな状況でできたのか?他にも気になる症状はないか?繰り返しできるのか?など、色々な角度からかさぶたの状況を把握することも大切です。

愛犬にかさぶたを見つけたら、無理に剥がさず、気になる場合には早めに動物病院を受診しましょう。
皮膚病や腫瘍は、早く検査をすることで愛犬に苦しい思いをさせずに済むこともあります。
かさぶただからと放置せず、良くなるまで毎日ちゃんと観察するようにしましょう。
とくに被毛の長い犬はかさぶたに気付きにくいので、まめにお手入れをしながらしっかりとチェックしてあげて下さいね。

1.犬のかさぶたの原因
・外傷による怪我
・皮膚病

2.犬にかさぶたができた時に考えらえる6つの病気
・脂漏症(マラセチア皮膚炎)
・表在性膿皮症
・皮膚糸状菌症
・ニキビダニ症(毛包虫症)
・アトピー性皮膚炎
・アレルギー性皮膚炎

3.腫瘍が原因でかさぶたができている場合もある

4.犬にかさぶたが見られる際の対処法
・無理に剝がさない
・良くならない場合は、動物病院を受診する

犬の癌・腫瘍や腎臓病や肝臓病など特別療法食シリーズ 犬の腎臓病や肝臓病など特別療法食シリーズ

RELATED POST